お金も時間も、あるときにはあるし、ないときにはない

日々、いろいろなことが起きたりしますが、ときには時間に追われたり、あるいはお金に余裕がないこともあったりします。
例えば、仕事の繁忙期には、とても定時だけでは処理しきれない量の仕事がまわってきたりきたり…。
かと言えば、「定時まで何をして時間を使おうかな」と思ってしまうような、暇な日があったりもします。
お金に関しても同じで、「服のポケットにお金いれてなかったかな」と確認するほど、お財布の中身が厳しいこともあります。
一方で、「今月はそんなにお金を使っていなかったな」という月も、稀にあったりするんですよね。
時間もお金も、あるときにはあるし、ないときにはないです。
それから、たくさん必要なときもあれば、それほど必要としていないときというのがあると思います。
だからこそ、時間とお金は、余裕のあるときに大切に使わなければならないものなのかなというのを、最近よく思ったりします。
貯めたり貯金するのではなく、たくさん必要なときに備えて対処するために上手に使うようにすることで、時間やお金の価値が上がるような気がするのです。

お金も時間も、あるときにはあるし、ないときにはない