スタミナの限度の我々を見た目にM・T、畑業務でも特長をスタート

オペ開始から二スパンが経過した時、あたいは自分の平手に違和感を覚えた。鍬から手法を放すと中指の付け根付近に大きなマメが出来ていた。
「うわー……」
 マメはいったん潰れてしまうとその後厄介だ。あたいはなんとなく天を仰いです。
「もっと戻りてーんだけど!」
 N・Tが音を上げたかのように騒ぎ立てた。耕した所を見比べてみると、進展パーセンテージはあたいとそれほど変わりはないが、N・Tの変遷は相当左手に緩やかな曲り目を描いて掛かる。
 私の耕したパーツは左右少しずつずれているケ所は行き渡るものの、直線を目指そうと始めるギザギザな手順だった。
私のたちまち隣で、M・Tは決して完全誠実を耕していらっしゃる。
「わー。どうにも意識いらっしゃるね!」
 私の言い方には耳を貸さずにM・Tは土埃に塗れながら黙々と耕し続けている。一見するとひ弱そうなM・Tだが、勿論は元スポーツ部です。華奢な見た眼とは裏腹に意外なほど体力が残る。
「M・Tさ、マラソンでも出てみればいいんじゃない?」
「そりゃ、素晴らしい心情です」
 道場で口と手法を共に動ける門下生は只今私の知る限りではM・Tと古株のT・Mだけです。キレイモ

スタミナの限度の我々を見た目にM・T、畑業務でも特長をスタート