少量で高価!便利だけど高いレトルトの離乳食のお話

お正月に帰省する際、初めてレトルトの離乳食を購入しました。
普段は自分で作っているのですが長時間常温保存だと雑菌がわきやすいらしいのでレトルトが便利だよとママ友に教えてもらったのです。
試食させておいたほうがいいとのことだったので家で作ってみることに。
まずお湯で戻せる裏ごし野菜(3個入り100円)
開けてみての感想…ちっちゃ!カップヌードルに入っている肉のサイズが3個で100円
まぁとても簡単だから文句は言えません。ちなみに大人が食べると全く味がしませんでした。
そして瓶に入ったおかゆ(70g 100円)
少ないけれどそのまま食べさせられるから便利。
まず子供にちょこっとだけおかゆを食べさせて隙間を開ける。そしてビンの中に野菜キューブとお湯を入れてまぜたら野菜おかゆの完成!
お湯はお店の授乳室やコンビニでもらえるのでわざわざ持ち歩かなくてもいいでしょう。子連れにやさしい便利な世の中です。
つまりこの2つとスプーンがあればどこでも離乳食を食べさせることができるというわけです。
そしていざ帰省へ!環境が違うせいかあまり食べず…結局母乳で過ごしましたとさ。銀座カラー web予約

少量で高価!便利だけど高いレトルトの離乳食のお話